FT-101Z / FT-107 / FT-707 / FT-901 (後期バージョン)対応

カウンタ・ディスプレイユニット  カスタムIC (MSM9520RS) 交換モジュール

Go to English page...

 

八重洲無線製、アナログ世代後期のリグのカウンタ・ディスプレイユニットが不良となって周波数表示が出来ずお困りではありませんか?

FT-901、FT-101Zを代表とするこれらのリグのカウンタ・ディスプレイユニットに使われているIC(MSM9520RS)は、八重洲無線特注のカスタム IC で、すでにメーカーにも補修用在庫がなく、代替品もありません。ここでご紹介する「交換モジュール」は、この不良となったカスタムIC MSM9520RS をワンチップマイコンによって置き換え、ワンチップマイコンのプログラムによって、周波数表示の機能を復元するものです。

10年近く頒布してきたMSM9520RS交換モジュールキットですが、最近はリード線、スルーホール部品の製造終了も重なり、部品の入手が困難になってきていました。そのため、今回、表面実装部品を使い設計をやり直し、完成品、テスト済みのモジュールとして頒布するようにしました。以前のキットでは、カウンター基板(PB-2086A)の改造も必要でしたが、今度の設計では、プリアンプ部もモジュールの中に組み込むようにしましたので、基本的にはカウンターボードの改造は不要となり、不良となったMSM9520RS 40ピンDIP−ICをこのモジュールに置き換えるだけで、周波数表示を蘇らせることが可能となりました。

対応機種

現在のところ対応可能な機種は MSM9520RS をカウンタ・ディスプレイユニットに使用している以下の機種です。(FT-101Z、FT-901等、初期のバージョンにはカウンタ・ディスプレイユニットに MSM9520RS を使用してしないものもあります。実際にお持ちのリグの内部をチェックして MSM9520RS が使われていることを確認ください。)

  FT-101Z / FT-107 / FT-707 / FT-901 / FT-77

FT-77 については、一部確認事項がありますので別途ご相談ください。

字体オプションについて

7セグLEDによる数字「7」の表示には左の写真のように「ヒゲ」の無い字体と、右の写真のように「ヒゲ」の有る字体が可能で、現在でも、時計、計算機等どちらの字体もよく使われています。MSM9520RSのもともとの表示は右の「ヒゲ」のある字体でしたが、八重洲無線は多くの機種で現在は「ヒゲ」の無い字体を使っているように見受けられます。交換モジュールとしては、特に指定をいただかない場合は、作者の好みにより左の「ヒゲ」の無い字体を表示するプログラムを書き込んでお送りしていますが、右の「ヒゲ」のある字体をご希望の場合はその旨、注文時にお伝えください。

頒布価格

  3,260円 (レターパックライトまたは宅急便コンパクトによる送料を含みます。)

連絡先と注文方法

E-mailにてご連絡ください。折り返し、送金の方法等をお知らせします。キットの内容についてさらに詳しい説明、お持ちのリグの故障の状況等のご相談もE-mail にてお受けできます。

 林 輝彦 / JA2SVZ    E-mail:  thayashi@ta2.so-net.ne.jp